おすすめグッズ・エンタメ

災害時の非常用おすすめライト!懐中電灯とLEDランタンが使える

この記事は、災害時(台風・地震・津波など)に使える防災非常用のおすすめライトをご紹介しています。

・台風や地震の災害のときのおすすめライト(ランタンや懐中電灯)を知りたい
・信頼できるメーカーで、できるだけ安く抑えたい

こんなふうに悩んでいませんか?

災害時に停電が起きると真っ暗で身動きがとれません。

また、スマホのライトもずっと使っていてはすぐに充電がなくなりますよね。

そんな災害や停電時に活躍するのが「ランタン」「懐中電灯」

そこで、防災グッズとして準備しておきたい、ランタンと懐中電灯を兼ね備えたオススメのライトをご紹介します!

ランタンがほしいけど、そもそも懐中電灯すら持ってないよという方、ぜひ参考にしてみてくださいね!

今回ご紹介するライトはこちら↓

コールマン バッテリーロック ツーインワンテントランタン

災害時におすすめのライト

私が実際に購入したライトが「コールマン」の「コールマン バッテリーロック ツーインワンテントランタン」。

こちらです↓

キャンプ用品として使えるのはもちろん、防災グッズとしても活躍してくれるスグレモノです。

hanaママ
hanaママ
コールマンということで安心感があるのもうれしいですね。

コールマンのバッテリーロック ツーインワンテントランタンの特徴

コールマンのコールマン バッテリーロック ツーインワンテントランタンは、ランタンと懐中電灯の機能を兼ね備えています。

ライト本体がテレビのリモコンほどの大きさでしかも軽い!

コンパクトに収納ができて女性でも扱いやすいのがうれしいポイント。

災害時に重いライトは持ちたくないですよね。

実際に使ってみた!

「バッテリーロック」という、電池を入れたままでも電池のバッテリーが消耗しにくくなる機能が付いています。

つまり、電池を入れっぱなしにしておいても、電池のバッテリーが減りにくいので、いざという時に使える可能性が高くなるんです!

銀色の部分が磁石になっているので、鉄などにくっつけて設置することも可能。

 

ランタンと懐中電灯を同時に使うことはできませんが…

ランタン(弱)→ランタン(強)→懐中電灯

スイッチ1つで、光の変更ができます。

 

 

そもそも、ランタンと懐中電灯の違いは?

「ランタン」と「懐中電灯」は、暗い場所や夜間などで使う携帯式の照明のことをいいますが、それぞれ特徴があるのでご紹介します。

【ランタン】
暗いところを照らすという用途は懐中電灯と同じですが、一般的には筒型で大きいサイズのものが多く、上から吊り下げたり、テーブルや床に置いて使用。

光源には、ガス式・乾電池式・充電式などがあり、目的に応じて使い分けます。

懐中電灯とちがい、360度照らすことができるので照明の代わりとして利用するならランタンの方が適しています。

 

【懐中電灯】

暗い場所などで灯りとして周囲を照らすことができたり、災害時で停電になったときでも電気の代わりとして活躍します。

ランタンと違い、一部分を照らすことに長けています。

 

つまり、災害時に停電などで明かりがないときには、全体を照らせるランタンの方が活躍してくれることが多いんです。

ランタンを実際に使った方の感想

停電時にランタンを使った方の感想を集めてみました。

 

 

 

まとめ:災害・停電時に慌てないためにライトを備えよう

最近、異常ともいえるほどの間隔で台風がきたり、地震などの災害が起きていますよね。

「備えあれば憂いなし」

という言葉があるように、最低限のものだけでも防災グッズは用意しておきたいものですね。

最後にこの記事でご紹介したコールマンのライトをご紹介しておきます↓

▼同じカテゴリーの記事はこちら▼

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です